Friday, April 5, 2013

日本語版 | 第6章

Posted by ★ Rie-chan ★ at 1:42 PM

戻る本物の人間の世界へ

私たちは、フィンの家に向かって走った。バブルガムはちょうど私達の後ろだった、我々は彼が王子だ、と彼は簡単に疲れて取得するため、ガムを運ぶために持っている、なぜなら、ユージンは私の耳に "ゲイ"をささやいた。

今ガムボールは実行することができます。彼はジェイクの背中をオフにホッピングして、叫んだ "SCREEEEEEEEを!"、その後大規模な明日が現れ、それがガムを運び去ったと高く飛んだ。しかし、バブルは明日の爪に達した。それはすぐにバブルを下車し上陸した。

迅速に、明日は、ラインを突破し、バブルを降りるのに苦労。彼女は無事降りたが、彼女はガムの足を得た。彼女に彼を引っ張り、彼らはキスをした。突然、大きな爆発がユニバーサル波のように私たちに何かを送信した、それらの間に起こった。

我々はそれを知っている前に、我々は現実の人間の世界に戻っていた!

我々は戻って落ちた。私たちは裏庭に上陸し、そしてそれは我々が昨日あったように、正常に見えた。これは、昨日と同じ日だ。だから我々は、一日だけのためにおおに滞在するようになった!

"痛い"私はうめいた。今、私は他の人よりもはるかに困難となりました一人だった。

"我々は、ここに戻っている!Butternuts"ジルは叫んだ。

"私は知っている。私は思う...私は戻って行きたい!"彼女の目に涙を浮かべてケイミーが言った。

しかし、その後、誰かが裏庭のドアから出てきた、それは我々、バイロンの同級生だった。

"私はここにいるよ!"彼は私たちに叫んだ。

"ええとああ..あなたがここで何をしているの?"私は彼に尋ねた。

"あなたは私を招待何?どういう意味ですか"と彼は言った。

誰もが深い​​SMIRKSで私を見た。

"ええと、右。うん、ごめん。どのくらいあなたがここにいた?"私は尋ねた。

"私はちょうど到着しわずか数分。"と彼は答えた。

私は立ち上がって、他の人が行ったように、自分自身をまぶした。

"私は戻って行きたい!"ユージンは、叫んだ。 "私はまだ採用されていないよ!"

"?採択される場所に戻る?"バイロン不思議に尋ね、彼に興味がある顔をした。

"我々は、天国で七ミニットを遊んでいた"私は嘘をついた。

"ここでアウト?本当に?"すでに私たちを疑っていたバイロンに尋ねた。

"はい。ワナに参加!"ランススナップ。

私はにやにやたランス、でグレアになった。

"確かうん..しかし、なぜあなたはとても奇妙な行動している?"彼はジルに尋ねた。

"何もない。たぶん、ゲームの効果は"ジルは肩をすくめて答えた。

"MHM。右うん"

私はここに戻って午前信じることができない。私はまだ、まだいくつかの文字を満たしていませんでした!それは迷惑なんだ、私は戻りたい。誰もがありません。

"うわあ..どうして..古い行ったのですか?"我々は、全体の時間を話せなかったのでバイロンを尋ね

"ずっと何も。しかし、それはほとんどの時間です、私たちは家に帰る必要はありません"ジルは言った。

"私はむしろこっちの睡眠を持っていると思います"ケイミーが示唆された。

"再び裏庭のフラッシュの場合のうん..ヘヘ"リチャードは言った

"外泊?私が滞在することはできますか?"バイロンに尋ね

さてさて、彼は本当に、調査する彼を聞かせたかった。

"よし。お泊まり、それはその後である。主な理由は、ちょうど裏庭のフラッシュを見ることです"私は、みんなに発表しましたが。

"なぜ君たちは奇妙な行動している?私は消えていた間に何が起こったか本当に何が起こったか?"バイロンは、毎秒少​​し疑わしい取得尋ねた。

私は離れて見て、別のフラッシュが起こる場合、私の寝室の窓をチェックした。それでもフラッシュ、それは暗いと霧の外ではありません。私は、おおに戻ることができることを望む。それはここで多くの楽しみではありません。私は別の普遍的な波の後に戻ってそこに何が起こったのか疑問に思う。

"ガイズ?"誰もが彼に応えていないているのでバイロン尋ねた。

彼は私の寝室を飛び出したとして "これは手に負えなくなっている。私は今眠っているんだけど、ここに滞在しています。私はお母さんを呼んでいる"と彼は言った。

"男。それが迅速キープ確かに、私たちは携帯電話の請求書が正しい、エベレストよりも高くなるようにしたくないですか?"

"さて、私は速い男を心配しないだろう"

ユージンのPOV

私は本当におおに戻りたかった。私はマーシャルと妨害になるだろうことを意味します。そして、私はツリーハウスに戻って思い出に残る記憶を残しました。このような甘い記憶。私はそれから私の心をクリアすることはできませんが、私はそれが私について彼女が少し不安定なたと思う。私は彼女がそのように感じなかった願って、私はそのくらい誰も嫉妬しなかったと思います。ケイミーではない、私はジルが感じるだろうか気に。私は、アンジェリカがジルのパーティーに私を招待以来、彼女は私に破砕されていたことを知っていた。 ocurseうち、男の子は女の子がとにかく彼に片思いしているならば気づいたと思います。

バイロンのPOV

何かが私の友人になってしまいました。彼らは誰かによって制御さに見えた。私はここに被害妄想のように見えた。私はこれらの奇妙な人々から離れて取得したい。それから私は立ち上がって、アンジェリカを見た。

"私は行くよ"私はうまく言った。

"あなたはありますか?ああ、ええと、大丈夫"と彼女は答えた

"男さようなら"私は私の手を振って言った。

私は寝室のドアの外に走って帰って走った。

0 comments on "日本語版 | 第6章"

Post a Comment

Thanks for your comment. I'll read it ASAP.

 

マイブログ - Angelica Micah Copyright © 2009 Paper Girl is Designed by Ipietoon